日本語Japanese

人間間の���題はす���ての人���関�������やコミュニティーの中で必ず起こることです。そしてそれはお互いを理解し合うためのチャンスでもあります。

調停とは何か?

調停とは、両者への尊重や理解を促進する会話表現を使って、穏やかに和解する方法です。

‐模範基準となる調停役(アメリカ法曹協会、米国仲裁協会、調停協会連合会)

調停のメリット:

  • – アジア太平洋アメリカ調停協会の調停役は言語だけでなく文化に対しても理解があります。さまざまな言語での調停を提供しております。
  • – 調停では問題に関係する両者に解決策を考えていただくため、調停役よりもお客様の方が調停をどのように進めるかの決断力があります。
  • – 調停のプロセスには時間があまりかかりません。お客様のスケジュールに合わせて調停をさせていただきます。
  • – 調停���非公式形態で行われ、お客様が提供される情報は完全に保護されます。
  • – 両者が対面した状態で行われる調停を望まれない場合、又不可能な場合は、���話を通���て�����������停���行���������������������ことが�������きます�����
  • – 調停を通して将来の問題を効果的に対処する知識やスキルを得ることができます。

どのような問題が調停の対象か?

アジア太平洋アメリカ調停協会では、以下のような問題を主な調停対象としています:

  • – 家族間の問題(カップルや結婚問題、親子問題)
  • – 離婚調停(離婚成立、若しくは親権問題について)
  • – 住宅問題(地主/居住者間問題、隣人問題)
  • – 雇用問題(給与問題、雇用者/雇員問題、同僚問題))
  • – ビジネス(消費者/商人問題、借金取立て問題)
  • – 高齢者(家族問題、世話人/患者間問題)
  • – 団体(団体内外問題)

お客様の抱える問題に調停がふさわしいかを確認するために、(213) 250-8190、若しくはcontact usまでご連絡下さい。

調停にかかる金額は?

1ケースにつき20ドルかかり���す。
し���し、料金が払えないお客様は、こちらの料金は免除���ることができます。

どうやって調停プログラムを始めるか?

電話番号(213) 250-8190までご連絡いただくか、若しくはstart a case onlineにてオンラインでケース情報をご登録下さい。

アジア太平洋アメリカ調停協会について

アジア太平洋アメリカ調停協会はロサンゼルス地方の様々なコミュニティーに調停サービスを提供しております。本センターの調停サービスは、高額で長時間を要する裁判の代わりとしてご利用できます。また、複雑な異文化間の問題や彼らの根源の原因を強調し、人間関係や人種問題を改善することに努めます。本センターは、全ての人の平等な権利を保障するため、慣例上過小評価される方々が問題なくご利用できるサービスを提供しております。